バカラ検証

世界の地熱発電

資源量と設備容量で見る 世界の地熱発電

各国の地熱資源量を見ると、世界最大規模の地熱地帯(ザ・ガイザーズ地熱地帯)をもつアメリカが第1位(3,000万kW)、多くの火山島からなるインドネシアが第2位(2,800万kW)、次いで日本 は世界第3位( 2,300万kW)に位置しており、世界有数の地熱資源国と言えます。
発電設備容量で見ると、近年では、インドネシア、ニュージーランド、アイスランド、トルコ、ケニアにおける地熱開発の伸びが著しく、日本は2015年にケニアに抜かれて世界第10位まで後退しています。
豊富な地熱資源に恵まれた日本だけに、さらなる地熱開発が期待されます。

世界各国の地熱発電設備容量

世界各国の主な地熱資源量

順位 国名 資源量 (万kW)
1 アメリカ 3,000
2 インドネシア 2,779
3 日本 2,347
4 ケニア 700
5 フィリピン 600
6 メキシコ 600
7 アイスランド 580
8 ニュージーランド 365
9 イタリア 327
10 ペルー 300

※1万kW=10MW ※1MW=1,000kW
出典:資源エネルギー庁(総合資源エネルギー調査会資料
2016年6月)をもとに作成

地熱発電設備容量の変化

地熱発電設備容量の変化

一般財団法人新エネルギー財団(NEF)のパンフレットをもとに、世界の地熱発電所を紹介します。

PAGE TOP